開発者インタビュー

DEBUGGER

エントリーNo.4 作品名『DEBUGGER』

開発者イセミト(21)/  Unity使用歴2年未満

4社から一次面接シード権、1社から二次面接シード権を獲得

  • 作品の動画を見る
  • 作品をプレイする

悔しかったです(笑)。自分は内定をとる意気込みで来たので

――作品開発とプレゼン発表会を終えて、感想をお聞かせください。

イセミト悔しかったです(笑)。自分は内定をとる意気込みで来たので、確かに5社から(面接シード権を)頂いたのはすごく光栄なことでとても嬉しいのですが、やはり目標を内定とした以上、シード権だけというのは悔しかったです。一発内定を狙っていたので……(笑)。

開発者イセミト

――開発をしていて一番大変だった事は?

イセミトゲームを最後まで遊べるようにしてタイトルへ戻る、ループで繰り返しプレイができるところまで全体の流れを作りきるという作業ですね。

――開発をしていて一番楽しかった事は?

イセミト自分が考えたゲームのアイデアやシステムを一つ一つ組み上げていって、実際に動いていくのを目の当たりにしていくのがとても楽しかったです。

DEBUGGER
  • 作品の動画を見る
  • 作品をプレイする

――今後作ってみたいゲームや、チャレンジしてみたい目標は?

イセミト今、頭の中にあるのが、フロムソフトウェアさんの「アーマードコア」シリーズみたいに、ロボットを操作して敵と戦っていくようなゲームを作ろうかなと考えています。実は過去にもフロムソフトウェアさんの作品(アーマードコア)をユニティの無料版で再現したものがありまして……。それと同じようなものを、今後別のものとして作れればなと。

――それは一人で?

イセミトそうですね、自分の周りにやってくれる人があまりいないので、一人でやるしかないですね(笑)。まあ一人でも、がんばってやろうと思えばできるんじゃないかと。

――ありがとうございました。これからも頑張ってください!

授賞式

TOPへ戻る